2008年3月27日

口から粘液を飛ばし獲物を捕えるカギムシの動画

カギムシすごい生き物がいました!その名はカギムシ。口から糸状のネバネバの液をブワーッとロープのように飛ばし、昆虫などの獲物にひっかけて捕らえてしまうのです。昆虫の祖先ともいわれている生き物で、南半球の熱帯雨林にじめじめした地表や朽ち木の中などに生息しているそうです。カギムシが獲物を捕える動画と写真は続きから。

続きを読む "口から粘液を飛ばし獲物を捕えるカギムシの動画"

2008年3月 7日

オオカバマダラ(モナルカ蝶)の大群

オオカバマダラ

カナダ、アメリカの国境近くから冬を越す為、メキシコ・ミチョアカンへ3000キロ以上の大移動することで有名なオオカバマダラ(モナルカ蝶)。その数、数千万とも1億ともいわれています。スペクタクル!冬を越え暖かくなるとまた北上の旅へ。大移動した蝶が子供を産み、北上しながらその子供が子供を産み、そのまた子供の子供(ひ孫ぐらい)が、またカナダ国境付近からメキシコへむけて大飛行をするのです。これだけ世代交代してなぜ正確に場所が分かるのか不思議。自然の営みはすごいです!続きでは写真と動画を紹介。

続きを読む "オオカバマダラ(モナルカ蝶)の大群"

 1