2008年11月13日

空を飛ぶヒヨケザルの写真と動画

ヒヨケザル

飛膜(ひまく)がでかい!この動物はヒヨケザル。テレビで初めて見たときは「なんじゃこりゃ~」と衝撃を受けたのを覚えています。ヒヨケザルといっても猿の仲間ではなく独立したグループに分類されているようです。同じように飛膜を広げて滑空するモモンガやムササビとの違いは尻尾と後ろ足の間にも飛膜がある点。本当に大きな風呂敷を広げているようですね。写真と動画は続きから。


↑上の写真で腰にベルトのように巻きついているのは子供。


ヒヨケザル
copyright Norman Lim
木から木を100m以上も滑空することもあるそうです。すごい飛行能力!

ヒヨケザル
copyright Norman Lim
下から見るとなんだかあられもない姿にも見えます。

ヒヨケザル
copyright Norman Lim


▼動画はこちら。最初の1分間がヒヨケザルの映像です。

Tree Spirits: Flying Lemurs

▼これまでヒヨケザル目はマレーヒヨケザルとフィリピンヒヨケザルの2種のみとされていましたが新種が発見されたようです。
“空飛ぶサル”は2種だけではなかった - ナショナルジオグラフィック ニュース


TSUTAYA online

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tomorrowearth.com/mt/tikyutrackback.cgi/119

コメントはお気軽に。(メールアドレスやURLは入力しなくても大丈夫です。)

(コメントは一度確認し、表示いたします。すぐには表示されませんのでしばらくお待ちください。)


画像の中に見える文字を入力してください。