2008年4月26日

巨大な結晶に埋め尽くされた洞窟の写真と動画

洞窟

柱?いや結晶です!これはメキシコ、チワワ砂漠ナイカ山の地下300メートルにある洞窟。洞窟全体が結晶に埋め尽くされていて、長いものには10メートル近くあり、重さ55トンまで達するそうです。研究者によると「洞窟は硫酸カルシウムを豊富に含む地下水で満たされており、何万年もの間、温度が一貫して58度ぐらいという奇跡的に安定した環境であった。この温度では水中の硫酸カルシウムはセレナイトと呼ばれるものに変化し、徐々に積み重なって巨大な結晶が出来たと考えられる。」とのこと。地球の神秘、驚異です。写真と動画は続きから。


▼詳しくはナショナルジオグラフィックの特集ページ。
潜入!巨大結晶の洞窟


洞窟
© P. Petrignani/T. Bernabei/J. Osorio/G. Badino

洞窟
© P. Petrignani/T. Bernabei/J. Osorio/G. Badino

高温多湿のサウナ状態なので息をするのもつらそう。
洞窟内の気温は44℃、湿度は90~100%にもなるそうです。
これはここが地下1.5キロのマグマだまりの上にあるため。

洞窟
© P. Petrignani/T. Bernabei/J. Osorio/G. Badino

巨大結晶はセレナイトという透明な石こうの結晶でできている。最長のものは約60万年前に形成されたと思われるとのこと。

洞窟
© P. Petrignani/T. Bernabei/J. Osorio/G. Badino

洞窟
結晶がでかい!とてつもないサイズです。

洞窟
 

洞窟
 


▼動画はこちら。カメラのレンズが曇って蒸し風呂状態というのがよく分かります。


TSUTAYA online

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tomorrowearth.com/mt/tikyutrackback.cgi/50

コメントはお気軽に。(メールアドレスやURLは入力しなくても大丈夫です。)

(コメントは一度確認し、表示いたします。すぐには表示されませんのでしばらくお待ちください。)


画像の中に見える文字を入力してください。